カイリー・ミノーグの2ndアルバム「 Enjoy Yourself」最新リマスター盤を買ったのだが。。。

スポンサーリンク


カイリー・ミノーグのセカンドアルバム「 Enjoy Yourself 」2012年リマスターを買ってみた。
enjoy yourself2013

2016年1月現在でも、これが最新リマスターといってよいだろう。

ストック・エイトキン・ウォーターマン、プロデュースのカイリーの初期の4作品がリマスターされた。
オールドファン、待望のリマスター化であり、ここにきてようやくって感じだった。

  しかし、僕が買ったバージョンは2012年発売時のリマスター仕様。  しばらくして又、同じようなリマスター盤が出てきて、「少々がっかり」ってことになっているのだ。 
くやしい
 勿論、旧盤と比べてリマスター盤は素晴らしい音質に生まれかわったけどね! 

Enjoy Yourself 2012年リマスター
レーベル: ユニバーサルミュージック
商品番号:
発売日:2012年
enjoy yourself2013
①いつわりのハート②いつだって・ラヴ・ユー③ネヴァー・トゥー・レイト④ナッシング・トゥ・ルーズ⑤テルテイル・サインズ⑥マイ・シークレット・ハート⑦ドリーミング⑧ティアーズ・オン・マイ・ピロー⑨ヘヴン・アンド・アース⑩エンジョイ・ユアセルフ⑪ジャスト・ウォナ・ラヴ・ユー (ボーナス・トラック)⑫ミーニング・オブ・ラヴ (初国内盤化) (ボーナス・トラック)⑬いつわりのハート (グレイト・アオルタ・ミックス) (ボーナス・トラック)⑭いつだって・ラヴ・ユー (ユア・サング・ミックス)⑮ネヴァー・トゥー・レイト (エクステンデッド) ⑯ドリーミング (エクステンデッド・リミックス)⑰ティアーズ・オン・マイ・ピロー (12インチ・リミックス) (初国内盤化) (ボーナス・トラック)

 

 

カイリーのデビュー作から4枚目までの旧盤を持っていたのだけどセカンドアルバムがどうも音質が良くなかったんだよ。それはファーストアルバムと比べてそうだし、同じ1989年ごろに出た他のアーティストの作品と比べてもそう感じていたのだ。

なぜ同じプロデューサーでもここまで音質が違うのかなぁ?当時から思っていた。

で、音質がどれほど改善されたのか、待望の2012年リマスターシリーズ、まずはセカンドアルバムから買ってみたというわけだ。
kylie enjoy your self cd2

 し か し。。。
 僕が購入した後、しばらくしてリマスター盤がまた出たのだ。その新リマスター盤の曲名を見て目が点になった。 
(2016年現在売られているバージョン・音源自体は2012年リマスターで同じだと思う。)

「Especially For You」がボーナストラックで付いてるじゃん。僕が買ったのは入っていない。ジェイソン・ドノバンとのデュエットであり、メロディーもプロモーションビデオも素敵なのでMTVから録音したミュージックビデオを当時は、うっとりしながら見てたもんさ。大好きな曲でね。
player

だから、僕がリマスター盤を買ったときに「Especially For You」のリマスターバージョンもないか調べた。だけど見つからなかった。もっともこの曲は当時から音質が素晴らしかったので、リマスター盤じゃなくてもイイとは思ってたわけだが。

こればっかりは仕方ないか。

 元々音質が良かった「Especially For You」のリマスターがどんな感じなのか興味深いけど、気を取り直してリマスター「Enjoy Yourself」アルバムを聴いてみることにする。 

80S世代にとってストック・エイトキン・ウォーターマン(以下SAW)の作り出してきたユーロビートは聴くだけで、ウキウキしてくるんじゃないの?勝手にカラダが揺れ出してくるとか。
music-594952_1920z

明るくてメロディアス、華やかなシンセサイザーとパンチの利いた打ち込みのリズム。SAWが生み出してきたサウンドは本当に素晴らしくって、一連の作品を聴くと心躍るというか、気分が高まるんだよね。
disco

実際SAWがプロデュースしたリック・アストリーとかシニータ、ヘイゼル・ディーンもカイリーもサウンド的にはほとんど同じ。でもアーティストごとに味というか魅力を十分感じさせる作りになっていて、そこが凄いところだと思うのだ。
ddde

特に80年代に低迷していた70年代のディスコクイーン、ドナ・サマーを
「This Time I Know It’s For Real」という典型的なSAWサウンドで蘇らせたのが素晴らしいじゃないか。
曲が素敵なのはさることながら、ドナ・サマーも見事にはまっていると感心したもの。

 さっそくサウンドナビにセットして聴いてみよう。 
前回乗っていた車、トヨタ・イストには24万のナビを付けていて、それに80年代に買った「Enjoy Yourself」アルバムのCDをセットして聴いたことがある。ナビのステレオ音質も良くないうえに、CDじたいの音質も良くなかったので、。音・・・・悪かったなぁ。

ボーカルもバックのサウンドも分離感が無いので、へたすりゃモノーラルじゃないか?ぐらいステレオ感が無いし、透明感もなく全体的に硬い印象だった。

 今回は旧音源と2012年リマスターの音源をWAVで用意して聴き比べてみた。 

で、サウンドナビという良質なオーディオ機器だからだろう。意外や意外、旧音源が思ったほど音質悪くないのだよね。スゴイ高音質というのではないが、普通に聴けないことはない。ちょこちょこと聴いた感じではね。
80ss

リマスターのほうはボリューム21で旧音源が24でたいだい音量が釣り合う。
リマスター盤の方で本格的に奏でてみようか。

最初の1曲目からテンションが上がるよ。

何しろ1曲目「Hand On Your Heart」 2曲目「Wouldn’t Change A Thing」 3曲目「Never Too Late」まで当時MTVでバンバン掛かって立て続けにヒットしたからねぇ。

いつわりのハート(Hand On Your Heart) 公式

全英NO1ヒットとなったポップナンバー「Hand On Your Heart」
イイ音で新鮮この上ない。
一皮むけたような明快なサウンドに生まれ変ったのがすぐに分かった。
上のYouTube音源とは少し違って、出だしのコーラスの部分だけどね。
8d11c83bf0a65a1e1fa7dbc7200e1d2a_s

旧音源より解像感、透明感が上がっており細かい音も良く聴こえてくる。バックのコーラスは意識したことが無かったけどサウンドに味付けするスパイスとしてクリアーに聴こえてくるよ。これは楽しい。

Wouldn’t Change A Thing公式

ゆったりとしたメロディアスなナンバー。
同じく透明感バッチリ、華やかなサウンドだ。打ち込みのドラムス音というのかな。サクサクと柔らかい音肌感が心地よい。旧音源では感じなかったこと。

Never Too Late 公式

カイリー・ミノーグの曲で一番好きなナンバー
もうここらでノリノリになってきた。この曲はMTVの音源もYouTube音源も、(旧)CDの音質もどれをとってもイイ音で聴いたことが無かった。これは名曲だよ。

クリアーでダイナミックなサウンドで聴けて感激である。
kk

全てのナンバーに共通して、サウンドのスケール感が若干上がったので目の前いっぱいに音色が広がる。
車内は80年代のクラブ状態だ。(当時はディスコだけどさ)
sassss

フランクシナトラというか50年代、60年代風味のノスタルジックなスローバラード
「Tears On My Pillow」、ムードたっぷりのスローナンバー「 Heaven And Earth」。
カイリーのボーカルは高音の伸び、艶やかさ、輝きが感じられた。

 セカンドアルバム、確実に音質は良くなっている 。
ストック・エイトキン・ウォーターマンが手掛けた初期の4枚はリマスター盤で買い直してみようと思う。
music-951844_1920

「Especially For You」はiTunesストアーかどこかでイイ音の音源探してみようかな。

それにしてもカイリー・ミノーグが90年代、2000年代と続けて活躍してくれるとは当時思わなかった。いまだに「I Should Be So Lucky」の頃のイメージ引きずってるもん。
104016

もっとも僕自身が90年代中ごろからポップミュージックの世界から遠い所に身を置いたんだけどさ。

80年代ほぼ同じ時期に活躍した女性アイドル、ティファニーやデビーギブソンも素晴らしかったけど90年代に入ってからは厳しかったからね。それとバナナラマやリック・アストリーもそんな長くはなかったよね。

ストック・エイトキン・ウォーターマンの手を離れて、その後活躍したカイリーの作品を後追いする楽しみも増えたよ。

 

スポンサーリンク


関連記事
ビージーズのベストアルバム、 新旧・音質、聴き比べてみた。

スポンサーリンク    ビージーズ ベスト盤 新旧、音質聴き比べである  ある程度、予想した通りではあった。 ただ、一部、意外だったこともあったね。 購入したのは「Ultimate Bee Gees: The 50th Anniversary Collection」輸入盤。 彼らの50周年記念の2枚組ベスト、 … 続きを読む ビージーズのベストアルバム、 新旧・音質、聴き比べてみた。

ブライアン・アダムス ヘブンなど往年のナンバーをイイ音で聴きなおす

スポンサーリンク 中学時代に良く聴いたブライアン・アダムスのリマスターベストを注文してみた。   Anthology    2007年に発売されたリマスターベスト2枚組 輸入盤 発売日:2007年 レーベル: A&M 商品番号:B000BBOV8U DISC1①Remember②Lonely Nights③St … 続きを読む ブライアン・アダムス ヘブンなど往年のナンバーをイイ音で聴きなおす

ナイトレンジャーのセルフカバーベストアルバムを聴く

スポンサーリンク ナイトレンジャーのベストアルバムを買ってみた。「Hits Acoustic & Rarities 」 これはリマスター盤では無くて初期の彼らの代表曲をセルフカバーしたもの。 彼らの代表曲は82年から85年ぐらいまでに固まっているのだけど、2005年リリースだから 20年以上も前の楽曲の再現とな … 続きを読む ナイトレンジャーのセルフカバーベストアルバムを聴く

古内東子 Distance 2ndアルバム 2013年リマスター ちょっと意外だった。

スポンサーリンク    古内東子さんのセカンドアルバムを視聴。へぇ~意外な面、発見    Distance(2013年リマスター) 発売日:2013年 商品番号:MHCL-30133 販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション ①Distance②逢いたいから③BYE④もしかしたら⑤こたえな … 続きを読む 古内東子 Distance 2ndアルバム 2013年リマスター ちょっと意外だった。

SONYのMedia Goを使ってTOTOの最新リマスター(2015年現在)ベストアルバムを合理的に加工して聴く

スポンサーリンク TOTOの最新リマスター(2015年現在)ベストアルバム ◎2011年DSDマスタリング、Blu-Spec CD(TM)仕様 「オールタイム・ベスト 1977-2011~イン・ザ・ブリンク・オブ・アイ~」 を買ったみた。 「オールタイム・ベスト 1977-2011~イン・ザ・ブリンク・オブ・アイ~」 … 続きを読む SONYのMedia Goを使ってTOTOの最新リマスター(2015年現在)ベストアルバムを合理的に加工して聴く

ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)のDiscoveryアルバム(2001年リマスター)聴いてみた。

スポンサーリンク    ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ) の代表作「Discovery」CDアルバムの2001年リマスターを買ってみた。 ロックミュージック、名盤中の名盤だ。(1979年作品)  ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA Discovery(2001年リマスター) 発売日 … 続きを読む ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)のDiscoveryアルバム(2001年リマスター)聴いてみた。

80年代、洋楽の名曲2曲をイイ音で聴く The JETS編

スポンサーリンク ホンワカと心なごむ80年代でも随一の癒し系ボーカルを要するグループがある。 ジェッツである。彼らの80年代屈指の名曲をイイ音で聴き直したい。 でもJetsとgoogleで検索をかけると出てくるのはアメリカンフットボール NFLチームニューヨーク・ジェッツの記事ばかりになっちゃう。 the jetsとt … 続きを読む 80年代、洋楽の名曲2曲をイイ音で聴く The JETS編

図書館の検索システムを利用してCDを借りると便利

スポンサーリンク   たまにはCDを図書館で借りるのも良いものだ。   ほとんどの図書館ホームページで採用されている検索システムの素晴らしさを伝えたい。 ブログを始めて図書館を利用する機会が増えたため、図書館でCDを借りるコツ、利点など見えてきたものがあり、記事にしようと企画した。 CDはブログのポリシーから全て新品で … 続きを読む 図書館の検索システムを利用してCDを借りると便利

松田聖子のベストアルバムでコンサートの特等席・独り占め気分

スポンサーリンク SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION~ : 松田聖子 松田聖子、数々のヒット曲をイイ音で聴いてみたい。 Amazonで検索かけると彼女の場合、現在までリリースされたベストアルバム盤や企画盤、オリジナル版などが多種多様にカタログ表示される。 ベストアルバムを選択 … 続きを読む 松田聖子のベストアルバムでコンサートの特等席・独り占め気分

古参80Sヘビーメタルファンからみたブラックメタルの面白み (Immortal編)

スポンサーリンク    ベスト盤は別として、20数年ぶりにメタルのオリジナルアルバムを買った。 (BabymetalとVan halenの企画盤は別として) ブラックメタルバンド 「Immortal」8枚目のアルバム「All Shall Fall」である。 「All Shall Fall」 発売日:2009年 … 続きを読む 古参80Sヘビーメタルファンからみたブラックメタルの面白み (Immortal編)