AORの超名曲を高音質で聴きこむ 「After The Love Has Gone」編

スポンサーリンク


f7426d7c92fyyuy49983728ee5fa_m

 楽しみにしていたCDがアマゾンから届いた。

1993年にリリースされたAOR界の名ギタリストでありプロデューサー、
ジェイグレイドンのソロアルバム

「Airplay for the Planet」のリマスタリング再発盤である。
abcde

 

TOTOの3代目シンガー、「パメラ」や「ストップ・ラビング・ユー」の歌声でおなじみジョセフ・ウイリアムス、シカゴのビル・チャンプリン、 デイヴィッド・フォスターの秘蔵っ子、ウォーレン・ウィービーらがボーカリストとして参加している。

1993年リリースのものは赤ちゃんが雲の上で微笑んでいるジャケットだったが、今回の再発盤は赤い惑星が中心に写っているだけのシンプルな絵柄だ。

1993年リリース初回盤
awdes


「Airplay for the Planet」

レーベル: Sonic Thrust Records
商品番号: STRCD-002
発売日: February 2002
jay gradon
①Walk The Wire②She Just Can’t Make Up Her Mind③History④After The Love Has Gone⑤Holdin’ On To Love⑥One Way Or Another⑦Roxann⑧Show Me The Magic⑨You’re Not Alone⑩When You Look In My Eyes⑪I Do

 

 

 

サウンドナビという僕だけのオーディオ視聴室ができた当初からイイ音でぜひ聴きたいと思っていた曲が入っているのだ。

アルバムの4曲目“After The Love Has Gone”だ。

デイビット・フォスターとジェイ・グレイドンがAIRPLAYというユニットでリリースした名盤
「ロマンティック」というアルバムのラストを飾るAORの名曲中の名曲である。

アース・ウィンド&ファイアーが大ヒットさせたナンバーとして知られているが、僕が最初に聴いたのはアースの方ではなく、この「ロマンティック」というアルバムからであった。80年代通じて良く聴いた曲であり、そのため、やや歌い回しが違うアースのバージョンよりもこちらの方がよく耳に馴染んでいる。

ジェイグレイドンによってリファインされた“After The Love Has Gone”の新バージョンを聴いたのは運転中の車内のFM放送だった。残業して深夜だった記憶がある。
93年か94年頃だったか、FM横浜かFM愛知だったかも忘れてしまった。
night view

運転しながら「素敵な曲だなぁ」と聴き耳立てているうちに“After The Love Has Gone”であると分ってきた。
都会的で洗練されたアレンジが楽曲にさらに磨きを掛かけ、感銘をうけたのだが、車からいったん離れるやすぐに厳しい現実世界に引き戻された。

つかの間の夢世界はその数分間であった。

AORというのはAdult-oriented Rock(大人のロック)、ブルーアイドソウルなどと呼ばれ、アーバンでおしゃれな雰囲気がとても素敵で、僕の大好物のひとつ。

ボズ・スキャッグスやボビー・コールドウェルらの素晴らしい楽曲はたくさんあるのだけど、“After The Love Has Gone”は僕にとって別格のナンバー。そのメロディーライン、コーラス、雰囲気、ギターソロで最高潮になる高揚感、全てが心の琴線を揺さぶるものがある。
new-york-1082447_1280

 ジェイ・グレイドンによってさらに磨きがかかった“After The Love Has Gone”をイイ音で聴きてみたい。 

音質については1993年の初回バージョン、YouTubeの投稿やFM放送を聴いた限り悪くないと思う。
それが2002年にリマスターされたという。ジェイ・グレイドンの公式ページに飛ぶとそのことが記述されていた。

ジェイ・グレイドンの公式ページより
http://www.jaygraydon.com/sonictxt.htm

インタビュー形式でジェイ・グレイドンが答えている。
This version sounds much better than the previous by far!!! More clarity, more “punch”, and more level when needed.
(このバーションは前回のよりはるかに音がイイよ。更にクリアーになり、音にもパンチがある。さらに必要な音圧レベルも確保しているよ)

ジェイに期待しよう。

WAVで収録した音源の入ったUSBをサウンドナビにセットする。最初に4曲目に合わせたいところだけど、1曲目からちゃんと聴いていこう。

サウンドナビは最初の1曲目からは本領を発揮しない。
オーディオは長期的なエージングのことが言われるけど、その時、その時のウォーミングアップというのも必要だ。経験的に3曲目、4曲目辺りから音に艶が乗り、各音域のバランスも整ってくるように思う。

①Walk The Wire ジョセフ・ウィリアムスの伸びやかなハイトーンが素敵なロック・ナンバーである。低中高音のバランスが良く、解像感も申し分ない。ジェイがいうようにクリアーだし低音から力感がありパンチも利いているよ。

②She Just Can’t Make Up Her Mind 相変わらずビル・チャンプリンの歌声がさらに渋みを増す曲だなぁ。

③History でまたジョセフ・ウィリアムスが登場、夜の都会を流すには最適なフュージョン調の静かな曲である。

さて、いよいよ一番期待していたナンバー“After The Love Has Gone”だ。

輝きのあるキーボードの出だしからたまらない。ビル・チャンプリンの渋みのあるボーカルが味わい深く語りかけてくる。

クリアーで各楽器の分離感もイイ。静かに裏で鳴っているホーンセクション、キーボードの音色といいジェイ・グレイドンのセンスの素晴らしさってギタープレーだけじゃないんだよなぁ。

気品があって洗練されたアレンジはもうアーバンな雰囲気そものの、都会の摩天楼をイメージする音色が目の前の空間を支配した。
yakei drive

ビル・チャンプリン、いやぁ渋いなぁ。この曲はやはり彼じゃなきゃ。

ジェイのギターソロが展開される。ウエストコーストの香りのするハーモニー、曲を最高調に盛り上げるそのギターフレーズの素晴らしさは相変わらずだ。
終盤のユニゾンになっていくとこはジェイのお得意とするところ。

それにしても見事としか言いようがない。ロックギターのソロとは何なのか。ギタリストを目指すのであれば、本来目指すべき理想系がここにある。

ギターソロが終わるとチャラララっというキーボードの味付け加わり、それがまた素敵なこと。曲の終盤に向かいボーカルとコーラスハーモニーの奥でホーンセクションの音色が次第に増していく演出も心ニクイばかり。

聴くたびに、大げさな表現ではあるが「至上の幸福観」に包まれる。

ジェイ・グレイドンの秀逸なアレンジでさらに輝きが増した“After The Love Has Gone”。
その存在自体が奇跡の名曲といってよいと思う。

いやぁ 素晴らしかった。
abcd

今は亡きウォーレン・ウィービーがボーカルをつとめる⑦Roxann。どんなナンバーでも歌いこなせる表現力を兼ね備えた天才ボーカリストが歌うバラードも、又秀逸だ。

ここで聴かれるジェイのギターソロもAORにお手本、理想系ともいえる見事なソロプレー。
「素晴らしいギターソロとは何なのか」の回答がここにも存在した。

⑩When You Look In My Eyes AORの「ど定番」ともいえるような素敵なラブバラードも終盤に控えていた。

“I DO” という曲がボーナス・トラックで収録されている。ただのオマケで済ませていない。
メロディアスでこれまたゴージャスなミディアムテンポの好バラードである。
全曲★★★★★

carg
まさに極上のAORを満喫して夢心地で家路に向かうのであった。

 

スポンサーリンク


関連記事
松田聖子のベストアルバムでコンサートの特等席・独り占め気分

スポンサーリンク SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION~ : 松田聖子 松田聖子、数々のヒット曲をイイ音で聴いてみたい。 Amazonで検索かけると彼女の場合、現在までリリースされたベストアルバム盤や企画盤、オリジナル版などが多種多様にカタログ表示される。 ベストアルバムを選択 … 続きを読む 松田聖子のベストアルバムでコンサートの特等席・独り占め気分

Miss You Like Crazy  ナタリー・コール

スポンサーリンク 昨年2015年11月からブログを始めて、年が明けたらナタリーコールの記事を書こうと思ってたのだけど。。。 その前にこれ、次はこれ なんてやっているうちにバネッサ・ウイリアムスの記事を書き終わったところでやれやれと一息。 その流れでブラコン関係のサイトを巡る途中、ナタリー・コールが2015年12月31日 … 続きを読む Miss You Like Crazy  ナタリー・コール

図書館の検索システムを利用してCDを借りると便利

スポンサーリンク   たまにはCDを図書館で借りるのも良いものだ。   ほとんどの図書館ホームページで採用されている検索システムの素晴らしさを伝えたい。 ブログを始めて図書館を利用する機会が増えたため、図書館でCDを借りるコツ、利点など見えてきたものがあり、記事にしようと企画した。 CDはブログのポリシーから全て新品で … 続きを読む 図書館の検索システムを利用してCDを借りると便利

これぞ洋楽ロック全盛期の象徴 「Starship」をリマスターで聴き直す。

スポンサーリンク   スターシップのベスト盤を注文してみた。  2006年に発売されたリマスターベストである。  Platinum & Gold Collection 発売日:2004年 レーベル:Sbme Special Mkts. ①We Built This City②It’s No … 続きを読む これぞ洋楽ロック全盛期の象徴 「Starship」をリマスターで聴き直す。

最高の音質でカーペンターズの名曲に酔いしれたい

スポンサーリンク Carpenters 40/40 CD レーベル: A&M ASIN: B002NPUCI0 発売日2009年 ディスク:1①Yesterday Once More②Superstar③Rainy Days And Mondays④Top Of The World⑤Ticket To Ride … 続きを読む 最高の音質でカーペンターズの名曲に酔いしれたい

竹内まりやのベストアルバムを高音質で聴く。「元気を出して」で元気出そうか。

スポンサーリンク 竹内まりやのベストアルバムを買ってみた。 2015年現在、山下達郎氏による、最新デジタル・リマスターということで こりゃ聴かにゃならんだろう。 どんな音体験が待っているのか、ワクワクしながら聴いていった。 そしたら思わぬ「どんでん返し」が待っていたのだ。 竹内まりや Expressions (通常盤) … 続きを読む 竹内まりやのベストアルバムを高音質で聴く。「元気を出して」で元気出そうか。

80年代、洋楽の名曲2曲をイイ音で聴く The JETS編

スポンサーリンク ホンワカと心なごむ80年代でも随一の癒し系ボーカルを要するグループがある。 ジェッツである。彼らの80年代屈指の名曲をイイ音で聴き直したい。 でもJetsとgoogleで検索をかけると出てくるのはアメリカンフットボール NFLチームニューヨーク・ジェッツの記事ばかりになっちゃう。 the jetsとt … 続きを読む 80年代、洋楽の名曲2曲をイイ音で聴く The JETS編

ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)のDiscoveryアルバム(2001年リマスター)聴いてみた。

スポンサーリンク    ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ) の代表作「Discovery」CDアルバムの2001年リマスターを買ってみた。 ロックミュージック、名盤中の名盤だ。(1979年作品)  ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA Discovery(2001年リマスター) 発売日 … 続きを読む ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)のDiscoveryアルバム(2001年リマスター)聴いてみた。

オリビア・ニュートンジョンのベストアルバム。これが決定版。

スポンサーリンク  オリビア・ニュートンジョンの名曲の数々を良い音で聴いたい。  2016年現在、購入できる比較的新しいベスト盤が各レーベルから出ている。 それらの候補の中から選んだのがこのベスト盤「40/40ベスト・セレクション」である。 40/40 ベスト・セレクション 発売日:2012年 レーベル:USMジャパン … 続きを読む オリビア・ニュートンジョンのベストアルバム。これが決定版。

ジュディアンドマリーの人気曲を集めたリマスターベストを買ってみた。

スポンサーリンク   「JUDY AND MARY」の2006年発売コンプリートベスト(全曲リマスター)を買ってみた。  音楽もサウンドも上々だった。今どき、この手のバンド意外と無いんじゃないかな。    COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 発売日:2006年 レーベル:エピックレ … 続きを読む ジュディアンドマリーの人気曲を集めたリマスターベストを買ってみた。