古内東子 Distance 2ndアルバム 2013年リマスター ちょっと意外だった。

スポンサーリンク


 

 古内東子さんのセカンドアルバムを視聴。へぇ~意外な面、発見 

 

Distance(2013年リマスター)
distance toko furuuchi

発売日:2013年
商品番号:MHCL-30133
販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション

①Distance②逢いたいから③BYE④もしかしたら⑤こたえないで⑥キッスの手前⑦I miss you⑧きっと⑨ここにいる⑩Room⑪友達
オリジナル発売日:1993年11月21日

 

 

 

SONYの名盤復刻シリーズとして古内東子さんの1stから3rdアルバムまでが
Blu-spec CD2仕様で2013年にリマスタリング再発されている。

名盤復刻シリーズ1st「Slow Down」 2nd「Distance」 3rd「Hug」
古内 SLOW DOWN 1 distance toko furuuchi1 furuuchihug

遅ればせながら、6枚目のオリジナルアルバム「恋」から彼女を知った。
R&Bテイストが心地よいサウンドと、魅力的な歌声に惚れてしまい、ファーストアルバムから順番に聴いてみようと思い立った。

古内東子 distance

瑞々しい感性で二十歳の等身大の恋を歌うファーストアルバムは音質もすばらしく、リラックスして聴きたいときに用意してある愛聴盤になっている。

さて、次なるセカンドアルバム「DISTANCE」
前作から9カ月ぶりということで、その延長線上にある作風であろうか?

 へえっ これも古内作品なんだ。 

まずはアルバムタイトルにもなっている1曲目の『Distance』からいこうかな。

おおっ ミディアムテンポでノリが良く、心地よいビートと90年代らしいシンセサイザーのサウンドが爽やかなナンバーだ。
まずは「こんな曲もあるのか」と、純粋に好奇心が沸いた。

2曲目『逢いたいから』 

アコースティックギター、ストリングスがミックスされた情緒的なイントロが印象的だ。
それから艶やかな東子さんのボーカルが目の前に浮き上がった。
ring-1198732_1280

どことなく影がさしたような、悲しみを帯びたメロディが、哀愁を感じさせる。
良い曲だなぁ。。しんみりと聴いていくうちに、ハタと気づいた。

彼のことを話す君が立つキッチン“~

ええぇ?

“僕はすかさず君の味方をしたけれど”~

あれぇ??僕っ?

“OLの教祖”というからには「揺れ動く乙女心」とか、「女性の側からの恋心」を歌いあげるシンガーであるとばかり思っていたのでこれはちょっと意外である。

恋に破れた男心を切々と歌っているではないか。
夜中に一人で訪ね、手料理をふるまってくれる女性とはいったいどんな間柄?

soul-623424_1280

おそらく女友達、グループ交際ってところなのかな。
“恋をしてきれいになってく” という姿、見届けるぐらい近い間柄だったのだろう。
なんか切ないというか、情けないね。

もう 目も見られないよ~”のシーンにおける歌唱は
悲しみの涙に濡れているようで、情感たっぷりである。
rain

なんとも思っていなかった女友達が恋愛によって輝き、その恋を実らせ
“誰かのモノ” となった時に初めて、この男性は自身の中に芽生える恋心に気付いたのであろうか?

そして時すでに遅かった。

恋をしてきれいになってく” という一見ポジティブなだけのフレーズが、切なさを纏わせた旋律に乗せて、より魅力的に響き、心に残る。

古内東子の巧みなメロディセンスと作詞力を窺い知ることのできる1曲であると思う。
名曲だ。
glass-111343_1280

 「異性なりきりソング」はJーPOPにはあまりないし、洋楽ではまず、ないなぁ。 

セカンドアルバム2曲目から古内東子先生の予期だにしなかった才能の一面を垣間見た。

へぇ~ そうくるか。感心してしまった。

あなた男でしょ、もっと強く わたし祈ってます” というような歌詞を男性歌手が女性になりきり情感たっぷり歌い上げる演歌、ムード歌謡の世界は結構ある。
(この曲は敏いとうとハッピー&ブルーのナンバー)

しかし、その反対パターンはあまりないのではないか?
女性アーティストが「僕は~ 僕が~」と歌う場合、その主人公は「少年」であることが多いのでは。

“OLの教祖” なんてウィキペディアに書いてあったので当然そうしたイメージが先行していた。
だから、こうした歌詞パターンに東子女子が挑んだところに余計驚いた次第。
ki

洋楽の世界では「私」も「僕」「俺」もすべて、「I」ということもあるし、男性シンガーが女性の立場から綴った詞はないと思う。

ゲイのアーティスですぐに思いつくのは
80年代のカルチャー・クラブのボーイ・ジョージ
デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)のピート・バーンズだけど、
彼ら(彼女ら?)には
わたし祈ってます” という楽曲はさすがないなぁ。

その点、J-POP上級者の皆さん、どうでしょう?

さて、その後もアルバムを聴き進めていくごとに楽曲の世界観に引きこまれた。
古内東子というアーティストへの興味は深まっていくばかりであった。

2013年リマスタリングの音質も1stアルバム同様、1997年にリリースされた「恋」より上回っている。
クリアーで厚みがあり、安心して聴けた。

 

 

スポンサーリンク


関連記事
これぞ洋楽ロック全盛期の象徴 「Starship」をリマスターで聴き直す。

スポンサーリンク   スターシップのベスト盤を注文してみた。  2006年に発売されたリマスターベストである。  Platinum & Gold Collection 発売日:2004年 レーベル:Sbme Special Mkts. ①We Built This City②It’s No … 続きを読む これぞ洋楽ロック全盛期の象徴 「Starship」をリマスターで聴き直す。

山下達郎のクリスマスイブを極上のサウンドで聴きたい

スポンサーリンク 90年代に購入したアルバム『TREASURES Best of』のWAV音源を所有しており、特に音質に不満はなかったが新たにベストアルバムを買ってみた。 山下達郎 OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(通常盤) 2015年現在、最新の3枚組リマスター、ベストアルバムである。 買 … 続きを読む 山下達郎のクリスマスイブを極上のサウンドで聴きたい

素敵すぎて反則!ヴァネッサ・ウィリアムス Save The Best For Last

スポンサーリンク  「ヴァネッサ・ウィリアムス / アルフィー ベスト・オブ〜」を買ってみた。  というよりも以前持っていたのだが、紛失したので買い直した。 元々1996年リリース作品であり、どうせ買い直すなら2000年以降のリマスター盤がないか調べた。色々なレーベルから多種多様なベスト盤がリリースされているが、他に決 … 続きを読む 素敵すぎて反則!ヴァネッサ・ウィリアムス Save The Best For Last

80年代、洋楽の名曲2曲をイイ音で聴く The JETS編

スポンサーリンク ホンワカと心なごむ80年代でも随一の癒し系ボーカルを要するグループがある。 ジェッツである。彼らの80年代屈指の名曲をイイ音で聴き直したい。 でもJetsとgoogleで検索をかけると出てくるのはアメリカンフットボール NFLチームニューヨーク・ジェッツの記事ばかりになっちゃう。 the jetsとt … 続きを読む 80年代、洋楽の名曲2曲をイイ音で聴く The JETS編

ブライアン・アダムス ヘブンなど往年のナンバーをイイ音で聴きなおす

スポンサーリンク 中学時代に良く聴いたブライアン・アダムスのリマスターベストを注文してみた。   Anthology    2007年に発売されたリマスターベスト2枚組 輸入盤 発売日:2007年 レーベル: A&M 商品番号:B000BBOV8U DISC1①Remember②Lonely Nights③St … 続きを読む ブライアン・アダムス ヘブンなど往年のナンバーをイイ音で聴きなおす

デフ・レパードのリマスターベスト・アルバム、新旧、音質・聴き比べてみた。

スポンサーリンク デフ・レパードのイイ音体験をしたい。 Rock of Ages: The Definitive Collectionアルバムの「音質が抜群だ」という記事をネット上で何件か見つけた。 2005年北米地域のみで発売されビルボードチャート10位にランクされた2枚組のベスト盤とのことである。 以前、僕が所有し … 続きを読む デフ・レパードのリマスターベスト・アルバム、新旧、音質・聴き比べてみた。

フォリナーの代表曲をほぼ収録したベスト盤ならばこれ

スポンサーリンク フォリナーのベスト盤を注文してみた。 2016年現在、ベスト盤はいくつか出ているがこれ一択になるかと思う。 他のものは曲数が17曲、20曲と少ない。 代表曲がほぼ網羅されて、32曲入の最新リマスター(2008年リマスター)はこれだけ。 ただ、ライノレーベルから出ている比較的リーズナブルな値段の7枚組の … 続きを読む フォリナーの代表曲をほぼ収録したベスト盤ならばこれ

古内東子を今から聴いても「大丈夫」だよね

スポンサーリンク  思わぬ形で新しい・お気に入りアーティストに出会うことがあるよね。 そんな話。  ブログをスタートして少し経った。 しかしよくもまぁこんな音楽関係のブログを立ちあげたものだと思う。 数年ぶりに会った知人から「ブログは楽しい」という話を聞いて興味を深め、 いっちょやってみよう、そう決心してからは意外と早 … 続きを読む 古内東子を今から聴いても「大丈夫」だよね

Miss You Like Crazy  ナタリー・コール

スポンサーリンク 昨年2015年11月からブログを始めて、年が明けたらナタリーコールの記事を書こうと思ってたのだけど。。。 その前にこれ、次はこれ なんてやっているうちにバネッサ・ウイリアムスの記事を書き終わったところでやれやれと一息。 その流れでブラコン関係のサイトを巡る途中、ナタリー・コールが2015年12月31日 … 続きを読む Miss You Like Crazy  ナタリー・コール

竹内まりやのベストアルバムを高音質で聴く。「元気を出して」で元気出そうか。

スポンサーリンク 竹内まりやのベストアルバムを買ってみた。 2015年現在、山下達郎氏による、最新デジタル・リマスターということで こりゃ聴かにゃならんだろう。 どんな音体験が待っているのか、ワクワクしながら聴いていった。 そしたら思わぬ「どんでん返し」が待っていたのだ。 竹内まりや Expressions (通常盤) … 続きを読む 竹内まりやのベストアルバムを高音質で聴く。「元気を出して」で元気出そうか。