古内東子のデビューアルバム 最新リマスター(2016年現在)Blu-spec CD2を聴いてみた

スポンサーリンク


古内東子のデビューアルバム 最新リマスター(2016年現在)Blu-spec CD2を聴いてみた

ふとしたしたきっかけ  「恋」というアルバムで古内東子というアーティストを知った。
デビュー作から3枚目のアルバムまでリマスター処理されBlu-spec CD2で再発されているではないか。

 さっそくファーストアルバムを注文、聴いてみたのだが、素晴らしい作品だった。 
「名作」の名にふさわしいものだ。
古内東子のCD

 素敵なアーティストに出会えて良かったよ。

初回の発売は1993年、当時彼女が20歳(大学1年生)のとき制作されたアルバムとのこと。
ちょうど、僕は卒業して、社会に出た頃だ。そのころデビューした人なのだなぁ。

huru

 地位を築いている女性アーティストの第一作目というのはとてもイイ印象がある。 

80年代の3枚目までよく聴いたホイットニー・ヒューストン、優れているのは断然ファーストアルバムだと思う。

90年代の中盤から音楽は熱心に聴かなかったがマライヤ・キャリーだけは別。音楽性が変わる90年代後半までの作品でどれかひとつ選べと言われれば、ダントツでチョイスするのは第一作目となる。

リッキー・リー・ジョーンズは79年の処女作を越えるアルバムを後年に出せてないのでは。
最初があまりにも傑作すぎた。
supolutp
まったくの無名アーティストがその世界に飛び込んでいくのは大変。
生半可の作品ではすぐに飛ばされてしまうだろう。シンガーソングライターの場合、今まで温めてきた自信作を「ここぞ!」とばかりに投入していくことになる。

ファーストアルバムに力作が多いのは当然ではある。

 サウンドナビにセットして聴きながら街中を流してみようか。 

1997年リリース「恋」というアルバムが古内東子さんに出合った最初の作品であり、こういう形でファーストアルバムから辿ってみるのも新鮮味があってよろしい。

「Slow Down」
2013年リマスターBlu-spec CD2仕様

古内 SLOW DOWN商品番号/MHCL30132
レーベル/ソニーミュージック 
発売日/2013年

①SLOW DOWN②Destiny③TWO COLORS④さよなら⑤あいたくなったら⑥Alienation⑦Jeans⑧彼の背中⑨はやくいそいで⑩ただいま

 

 

 

1曲目は「スローダウン」のタイトル通り、ゆったりとしたバラードだ。
艶やかで透明感のあるハイトーンが目の前に浮き上がった。

 名曲 SLOW DOWN 最強の交通安全ソング 

SLOW DOWN」アルバムの初盤は聴いていないのでそれとの比較はできないが、「恋」アルバムとの大きな違いは低音の引き締まった重厚感。
「恋」アルバムも97年作品だから音質的に悪くはなかったが、それより一皮も二皮もむけたクリアーなサウンドである。

「恋」アルバムで聴けた歌声よりもやや柔らかい声質。
あいかわらず張りがありとても艶やかだ。

「恋」のころの「色香」はまだ感じられないがね。

だけどもう何年もアルバムを出しているアーティストのように成熟したボーカルである。

スローダウン~♪ スピード落としましょう~♪
と、こられりゃスピード出せんでしょう。
ゆったりとした流れに身を任せて聴き入るのもまた格別な気分。
slow down

映画館の場面での詩には心打つものがあるよ。
気遣いのある言葉だよね。確かに男はメソメソする姿を人前にさらしたくないから。
優しいねぇ。この人。

途中で挿入される音色はサックスかな。
JAZZっぽく、洒落たアレンジのセンスは見事としかいいようがない。

一曲目から大変な名曲に出会ってしまった。

情熱的でハイトーンの伸びが印象的、ミディアムテンポが素敵な②Destiny
海辺

再びしっとりと聴かせるスローバラード③TWO COLORS さよなら

一転、若葉が一面広がっていくような明るく、さわやかな
あいたくなったら

再びゴージャスで重厚なスローバラード ⑥Alienation
左から聴こえてくるパーカッション、右からまったく淀みのないアコースティックギターの音色。緻密なサウンドに驚かさせる。

20歳の等身大の恋愛観をとくとくと歌う ⑦Jeans ⑧彼の背中
jeans

ファーストシングルとなったメロディアスで素敵な ⑨はやくいそいで

ホッと安らぎ感を与えてくれる⑩ただいま

なんだよ。また全曲気に入っちゃったジャン。
どうするよ。
151170r

恋愛マスターというより二十歳ぐらいの普遍的な恋愛観が歌われているし、成熟した歌声の中にまだまだ初々しさを感じる魅力的な作品だった。

それにしても、良くもまぁ、これだけの才能があったものだし、それを見出した人達もスゴイと思うよ。

そんなことを思い、スピードを落として街中流してたら、随分、寄り道してしまった。
いつもは薬局を左折するのに直進、まっすぐ行けばいいところ右折したりして。。
271629

約束した帰宅時間は1時間遅れとなった。

「ただいま」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
音質について
いままで僕が取り上げたリマスター盤のなかで山下達郎氏の作品
MISIAのリマスター作品と比べても引けを取らない。
低中高とバランスが綺麗に整っているし、東子さんのボーカルもクリアーで生々しい。
細かい音も繊細に聴こえてくる。

全体で極上音質である。

音質★★★★★

 

古内東子さんを知ったきっかけ
(前回の日記)
http://navisute.jp/categoryhuruuchi/

 

スポンサーリンク


関連記事
クリストファークロスのベストアルバムをイイ音で聴く

スポンサーリンク Very Best of Christopher Cross 2002年に発売、リマスターで定評があるライノレーベルからリリースされたベスト盤 商品番号:R278335 レーベル:Rhino / Wea 発売年:2002年 【収録曲】 ①Ride Like The Wind②Sailing③Never … 続きを読む クリストファークロスのベストアルバムをイイ音で聴く

ヘビーメタルの頂点の1曲を高音質で聴きたおす。ホワイトスネイク編

スポンサーリンク ホワイトスネイクのベストアルバムを買ってみた。 30周記念のベストアルバム3枚組、全曲2008年リマスターである。 調べた限り2016年1月現在、最新のリマスター音源ということになる。 どんな音体験が待っているか楽しみ。わくわくする。 Whitesnake 30th Anniversary Colle … 続きを読む ヘビーメタルの頂点の1曲を高音質で聴きたおす。ホワイトスネイク編

80年代、洋楽の名曲2曲をイイ音で聴く The JETS編

スポンサーリンク ホンワカと心なごむ80年代でも随一の癒し系ボーカルを要するグループがある。 ジェッツである。彼らの80年代屈指の名曲をイイ音で聴き直したい。 でもJetsとgoogleで検索をかけると出てくるのはアメリカンフットボール NFLチームニューヨーク・ジェッツの記事ばかりになっちゃう。 the jetsとt … 続きを読む 80年代、洋楽の名曲2曲をイイ音で聴く The JETS編

ジュディアンドマリーの人気曲を集めたリマスターベストを買ってみた。

スポンサーリンク   「JUDY AND MARY」の2006年発売コンプリートベスト(全曲リマスター)を買ってみた。  音楽もサウンドも上々だった。今どき、この手のバンド意外と無いんじゃないかな。    COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 発売日:2006年 レーベル:エピックレ … 続きを読む ジュディアンドマリーの人気曲を集めたリマスターベストを買ってみた。

図書館の検索システムを利用してCDを借りると便利

スポンサーリンク   たまにはCDを図書館で借りるのも良いものだ。   ほとんどの図書館ホームページで採用されている検索システムの素晴らしさを伝えたい。 ブログを始めて図書館を利用する機会が増えたため、図書館でCDを借りるコツ、利点など見えてきたものがあり、記事にしようと企画した。 CDはブログのポリシーから全て新品で … 続きを読む 図書館の検索システムを利用してCDを借りると便利

REOスピードワゴンの名曲「涙のフィーリング」を一番イイ音で聴きたい

スポンサーリンク REOスピードワゴンの「涙のフィーリング」を一番イイ音で聴きたい 商品番号:EICP-7054 発売元:(株)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 発売日:2002/07/10 【収録曲】 ①I Don’t Want to Lose You②Here With Me ③ Roll With … 続きを読む REOスピードワゴンの名曲「涙のフィーリング」を一番イイ音で聴きたい

ナイトレンジャーのセルフカバーベストアルバムを聴く

スポンサーリンク ナイトレンジャーのベストアルバムを買ってみた。「Hits Acoustic & Rarities 」 これはリマスター盤では無くて初期の彼らの代表曲をセルフカバーしたもの。 彼らの代表曲は82年から85年ぐらいまでに固まっているのだけど、2005年リリースだから 20年以上も前の楽曲の再現とな … 続きを読む ナイトレンジャーのセルフカバーベストアルバムを聴く

古参80Sヘビーメタルファンからみたブラックメタルの面白み (Immortal編)

スポンサーリンク    ベスト盤は別として、20数年ぶりにメタルのオリジナルアルバムを買った。 (BabymetalとVan halenの企画盤は別として) ブラックメタルバンド 「Immortal」8枚目のアルバム「All Shall Fall」である。 「All Shall Fall」 発売日:2009年 … 続きを読む 古参80Sヘビーメタルファンからみたブラックメタルの面白み (Immortal編)

新たなオーディオ装置で奏でる記念すべきCD1枚目、MISIAのベストアルバム、「Everything」を最高の音質で聴く

スポンサーリンク MISIA ~ Super Best Records: 15th Celebration 3枚組の45曲入りベストアルバム。 発売元: (株)ソニー・ミュージックレーベルズ 【収録曲】 disc1①つつみ込むように… (15th ver.)②DEEPNESS③恋は終わらないずっと④逢いたくていま⑤SN … 続きを読む 新たなオーディオ装置で奏でる記念すべきCD1枚目、MISIAのベストアルバム、「Everything」を最高の音質で聴く

古内東子 3枚目のアルバム「Hug」リマスター再発盤を聴いてみた。

スポンサーリンク   古内東子先生が1994年にリリースした3枚目の アルバム「Hug」のリマスター再発盤を視聴した。  これで90年代初期の3枚のリマスター再発盤をすべて聴いたことになる。  当時発売されたCD音源と聴き比べていないので、どのように音質が向上したのかは分らない。 ただ1997年に発売された6 … 続きを読む 古内東子 3枚目のアルバム「Hug」リマスター再発盤を聴いてみた。