ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)のDiscoveryアルバム(2001年リマスター)聴いてみた。

スポンサーリンク


 

 ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)
の代表作「Discovery」CDアルバムの2001年リマスターを買ってみた。

ロックミュージック、名盤中の名盤だ。(1979年作品) 

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA

Discovery(2001年リマスター)

発売日:2001年
レーベル:Sony
商品番号:B00005KBK7
elo discovery lp
①シャイン・ラヴ
②コンフュージョン
③ニード・ハー・ラヴ
④ホレスの日記 
⑤ロンドン行き最終列車 
⑥ミッドナイト・ブルー
⑦オン・ザ・ラン
⑧ウィッシング
⑨ドント・ブリング・ミー・ダウン
⑩オン・ザ・ラン(ホーム・デモ)
⑪セカンド・タイム・アラウンド(BT)
⑫リトル・タウン・フラート (BT)

このアルバムのLPレコードは80年代初頭によく聴いたね。
「レコード盤がすり切れるほど聴いた」 そんな表現がよく使われるけど、まさにそれで、ロックとオーケストラが融合したサウンドに中学時代、日々感動しながら聴いていた作品である。

elooood1

2001年リマスターということで今一度楽しみたいと注文した。
音質についてはびっくりするような、高解像サウンドではない。

それでも音質的にネガティブなことを気にすることもなく、すんなりとELOの世界に入っていけるだけの音質クオリティーは確保している。

 あらためて当時のLPレコードを取り出してみた。 
elo
CDと比べると大きくて迫力がある。
見開きになっていて作品のコンセプトであるアラビアンナイトの世界を綴った絵巻になっているのがいいねぇ。
erety
最近はアナログレコードが人気を博しているという話題を聞くけど、そうした愛好家の気持ちが分るような気がする。LPと比べるとCDは確かに味気ないね。

 それから90年に購入したベスト盤がある。 
1990年に「アフターグロウ〜ELOアンソロジー 」というタイトルでリリースされた全50曲、3枚組のベスト盤である。分厚いブックレットが付いた豪華版で当時としては高い買い物であった。

1990年発売の50曲収録のベスト盤
「アフターグロウ〜ELOアンソロジー 」
elo after

しかしELOの世界をこれで堪能することもなく、ほとんど聴かずにお蔵入りとなった。
そのうちに紛失してしまった。

聴き込めなかった最大の原因は音質だった。
当時アンプ、CDプレーヤー、スピーカーすべてそろって4万円のシステムステレオで聴いていたこともあるだろう。

ただそれを差し引いても、同時期に購入した80年代後半や90年に買ったロック・ポップス系のCD音質に比べて聴き劣りする音質の悪さだったのだ。
zxaqw

80年中~後期にかけて録音された音源と比べるとELOの音源は70年代や80年代初頭に録音されたものが大半である。
差があるのも当然かもしれない。リマスターもなにもされていないのだから。

おそらレコードプレーヤーでLPレコードを再生した方が音質は良かっただろう。
今思えばそんな印象だ。

曲も「Discovery」からのものが一番耳に馴染んでいるのでピックアップして聴くと散漫な感じになったな。

そんわけで多少、ELOのCDについては良くないトラウマがあったので、それを吹き飛ばしてもらいたい。

 そんな願いを込めての2001年リマスター盤である。 

①シャイン・ラヴ

ジャケットから連想されるアラビアンナイトの世界にこれから入っていくよ、といわんばかりの幻想的な効果音からスタート。(YouTube音源はイントロが省略されている。)

レコード針を最初に落した時に聴こえてきた、あの時の郷愁が蘇ってきた。
ラジオ番組の洋楽ベストテンでは頻繁にオンエアーされていたね。
cerereree
この曲はELOに入門した曲である。
彗星が夜空からチャラチャアララと流れてくるようなシンセサイザーの効果音が素敵である。

パフィーの「アジアの純真」を聴いたとき、「なんじゃこりゃ」ELOのぱくりじゃねぇか。
と当時驚いたけど、今聴いてみるとメロディーじたいは、そう似てはいないね。

②コンフュージョン

メロディアスなポップ感覚あふれる名曲。名作揃いの中でもキラーチューンだろう。
シンセサイザーで処理された「コンフュージョン」という音は当時、話題にされたね。

③ニード・ハー・ラヴ
哀愁のあるスローバラード オーケストラの音色が柔らかく澄んでいて心地よい。

④ホレスの日記
壮大なミュージカルのような大曲。終盤の荘厳なオーケストラのコーラスが印象的

⑤ロンドン行き最終列車


これも洋楽ラジオで頻繁に掛かってた大ヒット曲。
列車が快走していく姿が見えるような感じがする。

⑥ミッドナイト・ブルー
幻想的なイントロが印象的な美しいバラード

⑦オン・ザ・ラン
おもちゃ箱からおもちゃが沢山飛び出してきそうなカラフルで楽しいイメージ
moon-478982_1280

⑧ウィッシング
ウィッシング♪ という歌詞の部分のメロディーがビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」にどことなく似てると昔から思っているのは僕だけだろうか。
ジェフ・リンはビートルズフリークだからねぇ。

⑨ドント・ブリング・ミー・ダウン
ELOにしては疾走感のあるハード・サウンド。しかしハードロックやメタル色にはなっていないところが味噌かな。
vfr

2001年リマスター、ボーカルやコーラス、ギターの音色など透明感は十分、オーケストラのスケール感も良い。細かい効果音もはっきりと聴こえてくる。

「ホレスの日記」に代表されるような効果音の仕掛けが沢山ある作品なので良い音じゃないと楽しめない。
そんな意味でも十分、ELOサウンドを堪能できた。

何となく昔アナログレコードで聴いていた温かみを感じたよ。
s-record-player-1224385_1280

CDが成熟してきた90年代中盤になるとオリジナルアルバムでさえ15曲や18曲など収録曲が増えた。いくらなんでも多すぎるだろう。

1つの作品として聴きこむには9曲とか、これぐらいの曲数が無駄が無くて良いね。
(この際、ボーナストラックはいらないと思う。)

 

スポンサーリンク


関連記事
Miss You Like Crazy  ナタリー・コール

スポンサーリンク 昨年2015年11月からブログを始めて、年が明けたらナタリーコールの記事を書こうと思ってたのだけど。。。 その前にこれ、次はこれ なんてやっているうちにバネッサ・ウイリアムスの記事を書き終わったところでやれやれと一息。 その流れでブラコン関係のサイトを巡る途中、ナタリー・コールが2015年12月31日 … 続きを読む Miss You Like Crazy  ナタリー・コール

図書館の検索システムを利用してCDを借りると便利

スポンサーリンク   たまにはCDを図書館で借りるのも良いものだ。   ほとんどの図書館ホームページで採用されている検索システムの素晴らしさを伝えたい。 ブログを始めて図書館を利用する機会が増えたため、図書館でCDを借りるコツ、利点など見えてきたものがあり、記事にしようと企画した。 CDはブログのポリシーから全て新品で … 続きを読む 図書館の検索システムを利用してCDを借りると便利

フォリナーの代表曲をほぼ収録したベスト盤ならばこれ

スポンサーリンク フォリナーのベスト盤を注文してみた。 2016年現在、ベスト盤はいくつか出ているがこれ一択になるかと思う。 他のものは曲数が17曲、20曲と少ない。 代表曲がほぼ網羅されて、32曲入の最新リマスター(2008年リマスター)はこれだけ。 ただ、ライノレーベルから出ている比較的リーズナブルな値段の7枚組の … 続きを読む フォリナーの代表曲をほぼ収録したベスト盤ならばこれ

ボストンのCDアルバム集を買ってみた。X2: Boston ~ Don’t Look Back

スポンサーリンク X2: Boston ~ Don’t Look Back レーベル  Sony Legacy 大ヒットしたファーストアルバム『Boston』とセカンドアルバム『Don’t Look Back』 の2枚がセットになった企画アルバム それにしてもお買い得だった。ボストンのオリジナル … 続きを読む ボストンのCDアルバム集を買ってみた。X2: Boston ~ Don’t Look Back

素敵すぎて反則!ヴァネッサ・ウィリアムス Save The Best For Last

スポンサーリンク  「ヴァネッサ・ウィリアムス / アルフィー ベスト・オブ〜」を買ってみた。  というよりも以前持っていたのだが、紛失したので買い直した。 元々1996年リリース作品であり、どうせ買い直すなら2000年以降のリマスター盤がないか調べた。色々なレーベルから多種多様なベスト盤がリリースされているが、他に決 … 続きを読む 素敵すぎて反則!ヴァネッサ・ウィリアムス Save The Best For Last

「シカゴ」ベストアルバム、音質聴き比べ(素直になりたくて 長い夜など、どうだった?)

スポンサーリンク  愛聴盤である「シカゴ」のベストアルバム「Ultimate Collection CD」   音質が素晴らしく、自慢の逸品である。  今回「シカゴ」の他のアルバムを図書館で借りることが出来たので、それらと音質の比較をしてみた。 借りたのは「ザ・ベスト・オブ・シカゴ 40周年記念エディション」 浜松市内 … 続きを読む 「シカゴ」ベストアルバム、音質聴き比べ(素直になりたくて 長い夜など、どうだった?)

AORの超名曲を高音質で聴きこむ 「After The Love Has Gone」編

スポンサーリンク  楽しみにしていたCDがアマゾンから届いた。 1993年にリリースされたAOR界の名ギタリストでありプロデューサー、 ジェイグレイドンのソロアルバム 「Airplay for the Planet」のリマスタリング再発盤である。   TOTOの3代目シンガー、「パメラ」や「ストップ・ラビング … 続きを読む AORの超名曲を高音質で聴きこむ 「After The Love Has Gone」編

8インチWINDOWSタブレットとbluetoothスピーカー、SONYのSRS-X33を組み合わせたちょっとイイ使い方提案

スポンサーリンク 8インチWindowsタブレットのおすすめな使い方、新提案します。 今回はCD視聴ではなく、1つ僕からの提案記事なんぞを。 サイト検索しても意外と実践しておられる方が少ないので、こんなのどうかと。 題して「8インチWindowsタブレットをメディアプレーヤーとして活用する方法」 SONYの大好評blu … 続きを読む 8インチWINDOWSタブレットとbluetoothスピーカー、SONYのSRS-X33を組み合わせたちょっとイイ使い方提案

古内東子を今から聴いても「大丈夫」だよね

スポンサーリンク  思わぬ形で新しい・お気に入りアーティストに出会うことがあるよね。 そんな話。  ブログをスタートして少し経った。 しかしよくもまぁこんな音楽関係のブログを立ちあげたものだと思う。 数年ぶりに会った知人から「ブログは楽しい」という話を聞いて興味を深め、 いっちょやってみよう、そう決心してからは意外と早 … 続きを読む 古内東子を今から聴いても「大丈夫」だよね

カイリー・ミノーグの2ndアルバム「 Enjoy Yourself」最新リマスター盤を買ったのだが。。。

スポンサーリンク カイリー・ミノーグのセカンドアルバム「 Enjoy Yourself 」2012年リマスターを買ってみた。 2016年1月現在でも、これが最新リマスターといってよいだろう。 ストック・エイトキン・ウォーターマン、プロデュースのカイリーの初期の4作品がリマスターされた。 オールドファン、待望のリマスター … 続きを読む カイリー・ミノーグの2ndアルバム「 Enjoy Yourself」最新リマスター盤を買ったのだが。。。