80年代洋楽 HERAT リマスターベスト 往年のサウンドを楽しむには現状これしかない

スポンサーリンク



HEARTの2000年にリリースされた「Greatest Hits 1985–1995」を注文してみた。

発売日:2003年(初盤は2000年)・・・2000年リマスター
レーベル:Capitol Records
商品番号: B00004THF9
h①What About Love②If Looks Could Kill③Never④These Dreams⑤Nothin’ At All⑥Alone⑦Who Will You Run To⑧There’s The Girl⑨Surrender To Me⑩All I Wanna Do Is Make Love To You⑪I Didn’t Want To Need You⑫Tall, Dark Handsome Stranger⑬Stranded⑭You’re The Voice (Studio Version)⑮Back To Avalon⑯Black On Black II⑰Will You Be There (In The Morning)⑱The Road Home

 

 

 

このベスト盤はキャッチーでメロディアスなハードロック路線で大成功した80年代中期から90年代中頃までの作品を収めたもの。「キャピトル時代の作品」

アコーステックな要素と組み合わせたオーソドックスなブルースロックを志向していた初期
(70年代)の作品集はまた別に出ている。
heart best

以前からこのリマスターベストの存在は知っていたが、ようやく音質を確認する機会が訪れた。
他のオリジナルアルバムがきっちりリマスターされているのか不明な部分が多く、2016年現在、リマスター盤としてはこれぐらいしか選択肢がない状況だ。

音質的はどうだったかといえば

 結論として、往年のゴージャスなサウンドを楽しむのには十分な音質であった。 

80年代当時のCD音源をもっていないので 比較として、(どう変わったか)というレポートは書けない。
gfresa

元々、MTV、ベストヒットUSAでオンエアーされたプロモーションビデオの音質は「まぁまぁ」だったので素性は良いだろうとの予測はしていた。

予想通り、音の張り、精鋭感、厚み、音域バランスなど申し分ないものであった。

 収録曲の確認をしてみよう。 

HEARTは70年代も活躍したが、それを凌ぐ黄金時代を築きあげたのが80年代の、この2枚になる。

両方ともロン・ネヴィソンのプロデュース。
この方はオジーオズボーンの「The Ultimate Sin」 ヨーロッパの「Out of This World」にしてもギターの音をサクサクと痛快に聴かせてくれる人だ。
そして、気持ち良いほど歯切れのよいドラムス音を楽しませてくれる。

heart aubum 80

アルバム「Heart」からは①②③④⑤
アルバム「Bad Animals」からは⑥⑦⑧
サントラ・アルバムから⑨アン・ウィルソン&ロビンサンダー
アルバム「Brigade」からは⑩⑪⑫⑬
アルバム「Desire Walks On」からは⑮⑯⑰
アルバム「The Road Home」からは⑱

heart 90

 さて、1曲目から聴いてみる。 

アルバム「Heart」からのファーストシングルWhat About Love?

ここから「HEART」の快進撃が始まったんだよね。

What About Love?

哀愁のあるキーボードの出だし、そしてアン・ウイルソンの第一声からクリアーである。

0:50から入る「パチーン パチーンという乾いたドラムスの音色がまた素晴らしい。
全域で透明感が高く、ベースの音もバリバリ聴こえてくる。

申し分ない音質だろう。

These Dreams

ナンシー・ウイルソンがリードボーカルをとる、幻想的なバラード(全米1位)

衣装も髪型も、サウンドもきらびやかでイイねぇ。
ギターのジャジャ~ンという音は入っていない。しかしキーボードだけでこれだけ緻密で
重厚感のあるサウンドを作り上げるロン・ネヴィソンのプロデュース力って凄いと思わない?
zaqw

勿論、その前に伸びやかで柔らかいナンシー・ウイルソンの歌声が素敵なんだけど。

 

Alone

アルバム「Bad Animals」からの必殺パワーバラード(全米1位)

イントロのピアノから全編にわたり、解像感が素晴らしい。

悶絶するほど素晴らしい音だったのはドラムスである。
目の前、1メートル先でポンポコと叩いているような生々しさがあるじゃないか。

特にクライマックスで入るドラムス必殺の「たたき」・・・1:57ぐらい。
いやぁ 「Heart」を聴いていて、ドラムスで感動するとは思わなかった。

他の「Bad Animals」収録曲の音質も上々だ。
pink-1121216_640

All I Wanna Do Is Make Love To You

この曲は全米2位、収録アルバム「Brigade」も「3位」に位置する黄金期の一角に食い込む作品だ。
上記2作のアルバムの延長線上にある作風である。

90年代に入った作品だからか、音質は前2作より上がっている。

音の広がり、全体の解像感、低中高音のバランスなどである。

アルバム「Desire Walks On」からは
⑰Will You Be There (In The Morning)が気に入った。
ドラマテックなパワーバラードだ。

80年代の作品にも劣っていないね。
機会があればまた「Desire Walks On」にも手を延ばしてみたい。

⑨Surrender To Meはアン・ウィルソンとチープ・トリックのロビンサンダーとのデュエット。
これも良い曲だ。
ec7363255fdb9609131d6c2a9a30fbf0_s

デュエットといえばアン・ウイルソンはラバー・ボーイのマイク・レノとデュエットした楽曲も出しているよね。
(このベストには入っていない。)

映画「フットルース」の挿入歌、パラダイス~愛のテーマ(Almost Paradise)である。
80年代の名曲として有名だよね。

だから、このナンバーはオムニバス盤などで入手しやすい。

しかし、⑨Surrender To Meはあまり見かけないね。
そんな意味で貴重なのだ。

 

 

スポンサーリンク


関連記事
新たなオーディオ装置で奏でる記念すべきCD1枚目、MISIAのベストアルバム、「Everything」を最高の音質で聴く

スポンサーリンク MISIA ~ Super Best Records: 15th Celebration 3枚組の45曲入りベストアルバム。 発売元: (株)ソニー・ミュージックレーベルズ 【収録曲】 disc1①つつみ込むように… (15th ver.)②DEEPNESS③恋は終わらないずっと④逢いたくていま⑤SN … 続きを読む 新たなオーディオ装置で奏でる記念すべきCD1枚目、MISIAのベストアルバム、「Everything」を最高の音質で聴く

松田聖子のベストアルバムでコンサートの特等席・独り占め気分

スポンサーリンク SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION~ : 松田聖子 松田聖子、数々のヒット曲をイイ音で聴いてみたい。 Amazonで検索かけると彼女の場合、現在までリリースされたベストアルバム盤や企画盤、オリジナル版などが多種多様にカタログ表示される。 ベストアルバムを選択 … 続きを読む 松田聖子のベストアルバムでコンサートの特等席・独り占め気分

Miss You Like Crazy  ナタリー・コール

スポンサーリンク 昨年2015年11月からブログを始めて、年が明けたらナタリーコールの記事を書こうと思ってたのだけど。。。 その前にこれ、次はこれ なんてやっているうちにバネッサ・ウイリアムスの記事を書き終わったところでやれやれと一息。 その流れでブラコン関係のサイトを巡る途中、ナタリー・コールが2015年12月31日 … 続きを読む Miss You Like Crazy  ナタリー・コール

デフ・レパードのリマスターベスト・アルバム、新旧、音質・聴き比べてみた。

スポンサーリンク デフ・レパードのイイ音体験をしたい。 Rock of Ages: The Definitive Collectionアルバムの「音質が抜群だ」という記事をネット上で何件か見つけた。 2005年北米地域のみで発売されビルボードチャート10位にランクされた2枚組のベスト盤とのことである。 以前、僕が所有し … 続きを読む デフ・レパードのリマスターベスト・アルバム、新旧、音質・聴き比べてみた。

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのベスト盤は唯一これだけ。

スポンサーリンク   ヒューイルイス&ザ・ニュースのベストアルバムを買ってみた。 ベスト盤としては2016年現在、最新の2006年リマスターである。 彼らの代表曲の数々をリマスターされた良い音で聴くには、現状、これしかない。 グレイテスト・ヒッツ(2006年リマスター) 発売日2006年 レーベル: Capi … 続きを読む ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのベスト盤は唯一これだけ。

古内東子のデビューアルバム 最新リマスター(2016年現在)Blu-spec CD2を聴いてみた

スポンサーリンク 古内東子のデビューアルバム 最新リマスター(2016年現在)Blu-spec CD2を聴いてみた ふとしたしたきっかけ  「恋」というアルバムで古内東子というアーティストを知った。 デビュー作から3枚目のアルバムまでリマスター処理されBlu-spec CD2で再発されているではないか。  さっそくファ … 続きを読む 古内東子のデビューアルバム 最新リマスター(2016年現在)Blu-spec CD2を聴いてみた

ブライアン・アダムス ヘブンなど往年のナンバーをイイ音で聴きなおす

スポンサーリンク 中学時代に良く聴いたブライアン・アダムスのリマスターベストを注文してみた。   Anthology    2007年に発売されたリマスターベスト2枚組 輸入盤 発売日:2007年 レーベル: A&M 商品番号:B000BBOV8U DISC1①Remember②Lonely Nights③St … 続きを読む ブライアン・アダムス ヘブンなど往年のナンバーをイイ音で聴きなおす

80年代の名曲 リマスター盤が無い場合の1つのアプローチ方法 Jane Wiedlin編

スポンサーリンク 2016年現在、洋楽も邦楽も有名な作品は勿論、そこそこ売れた作品であれば70年代、80年代のLP、CDはだいたいリマスター再発されている。 しかし、そこそこ売れた作品であってもリマスター再発されていない著作もあるんだね。 ただ、道がないわけではない。 粘り強く探求してみたら、『素晴らしい、イイ音・感動 … 続きを読む 80年代の名曲 リマスター盤が無い場合の1つのアプローチ方法 Jane Wiedlin編

REOスピードワゴンの名曲「涙のフィーリング」を一番イイ音で聴きたい

スポンサーリンク REOスピードワゴンの「涙のフィーリング」を一番イイ音で聴きたい 商品番号:EICP-7054 発売元:(株)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 発売日:2002/07/10 【収録曲】 ①I Don’t Want to Lose You②Here With Me ③ Roll With … 続きを読む REOスピードワゴンの名曲「涙のフィーリング」を一番イイ音で聴きたい

ビージーズのベストアルバム、 新旧・音質、聴き比べてみた。

スポンサーリンク    ビージーズ ベスト盤 新旧、音質聴き比べである  ある程度、予想した通りではあった。 ただ、一部、意外だったこともあったね。 購入したのは「Ultimate Bee Gees: The 50th Anniversary Collection」輸入盤。 彼らの50周年記念の2枚組ベスト、 … 続きを読む ビージーズのベストアルバム、 新旧・音質、聴き比べてみた。