80年代洋楽 HERAT リマスターベスト 往年のサウンドを楽しむには現状これしかない

スポンサーリンク



HEARTの2000年にリリースされた「Greatest Hits 1985–1995」を注文してみた。

発売日:2003年(初盤は2000年)・・・2000年リマスター
レーベル:Capitol Records
商品番号: B00004THF9
h①What About Love②If Looks Could Kill③Never④These Dreams⑤Nothin’ At All⑥Alone⑦Who Will You Run To⑧There’s The Girl⑨Surrender To Me⑩All I Wanna Do Is Make Love To You⑪I Didn’t Want To Need You⑫Tall, Dark Handsome Stranger⑬Stranded⑭You’re The Voice (Studio Version)⑮Back To Avalon⑯Black On Black II⑰Will You Be There (In The Morning)⑱The Road Home

 

 

 

このベスト盤はキャッチーでメロディアスなハードロック路線で大成功した80年代中期から90年代中頃までの作品を収めたもの。「キャピトル時代の作品」

アコーステックな要素と組み合わせたオーソドックスなブルースロックを志向していた初期
(70年代)の作品集はまた別に出ている。
heart best

以前からこのリマスターベストの存在は知っていたが、ようやく音質を確認する機会が訪れた。
他のオリジナルアルバムがきっちりリマスターされているのか不明な部分が多く、2016年現在、リマスター盤としてはこれぐらいしか選択肢がない状況だ。

音質的はどうだったかといえば

 結論として、往年のゴージャスなサウンドを楽しむのには十分な音質であった。 

80年代当時のCD音源をもっていないので 比較として、(どう変わったか)というレポートは書けない。
gfresa

元々、MTV、ベストヒットUSAでオンエアーされたプロモーションビデオの音質は「まぁまぁ」だったので素性は良いだろうとの予測はしていた。

予想通り、音の張り、精鋭感、厚み、音域バランスなど申し分ないものであった。

 収録曲の確認をしてみよう。 

HEARTは70年代も活躍したが、それを凌ぐ黄金時代を築きあげたのが80年代の、この2枚になる。

両方ともロン・ネヴィソンのプロデュース。
この方はオジーオズボーンの「The Ultimate Sin」 ヨーロッパの「Out of This World」にしてもギターの音をサクサクと痛快に聴かせてくれる人だ。
そして、気持ち良いほど歯切れのよいドラムス音を楽しませてくれる。

heart aubum 80

アルバム「Heart」からは①②③④⑤
アルバム「Bad Animals」からは⑥⑦⑧
サントラ・アルバムから⑨アン・ウィルソン&ロビンサンダー
アルバム「Brigade」からは⑩⑪⑫⑬
アルバム「Desire Walks On」からは⑮⑯⑰
アルバム「The Road Home」からは⑱

heart 90

 さて、1曲目から聴いてみる。 

アルバム「Heart」からのファーストシングルWhat About Love?

ここから「HEART」の快進撃が始まったんだよね。

What About Love?

哀愁のあるキーボードの出だし、そしてアン・ウイルソンの第一声からクリアーである。

0:50から入る「パチーン パチーンという乾いたドラムスの音色がまた素晴らしい。
全域で透明感が高く、ベースの音もバリバリ聴こえてくる。

申し分ない音質だろう。

These Dreams

ナンシー・ウイルソンがリードボーカルをとる、幻想的なバラード(全米1位)

衣装も髪型も、サウンドもきらびやかでイイねぇ。
ギターのジャジャ~ンという音は入っていない。しかしキーボードだけでこれだけ緻密で
重厚感のあるサウンドを作り上げるロン・ネヴィソンのプロデュース力って凄いと思わない?
zaqw

勿論、その前に伸びやかで柔らかいナンシー・ウイルソンの歌声が素敵なんだけど。

 

Alone

アルバム「Bad Animals」からの必殺パワーバラード(全米1位)

イントロのピアノから全編にわたり、解像感が素晴らしい。

悶絶するほど素晴らしい音だったのはドラムスである。
目の前、1メートル先でポンポコと叩いているような生々しさがあるじゃないか。

特にクライマックスで入るドラムス必殺の「たたき」・・・1:57ぐらい。
いやぁ 「Heart」を聴いていて、ドラムスで感動するとは思わなかった。

他の「Bad Animals」収録曲の音質も上々だ。
pink-1121216_640

All I Wanna Do Is Make Love To You

この曲は全米2位、収録アルバム「Brigade」も「3位」に位置する黄金期の一角に食い込む作品だ。
上記2作のアルバムの延長線上にある作風である。

90年代に入った作品だからか、音質は前2作より上がっている。

音の広がり、全体の解像感、低中高音のバランスなどである。

アルバム「Desire Walks On」からは
⑰Will You Be There (In The Morning)が気に入った。
ドラマテックなパワーバラードだ。

80年代の作品にも劣っていないね。
機会があればまた「Desire Walks On」にも手を延ばしてみたい。

⑨Surrender To Meはアン・ウィルソンとチープ・トリックのロビンサンダーとのデュエット。
これも良い曲だ。
ec7363255fdb9609131d6c2a9a30fbf0_s

デュエットといえばアン・ウイルソンはラバー・ボーイのマイク・レノとデュエットした楽曲も出しているよね。
(このベストには入っていない。)

映画「フットルース」の挿入歌、パラダイス~愛のテーマ(Almost Paradise)である。
80年代の名曲として有名だよね。

だから、このナンバーはオムニバス盤などで入手しやすい。

しかし、⑨Surrender To Meはあまり見かけないね。
そんな意味で貴重なのだ。

 

 

スポンサーリンク


関連記事
初期の作品6枚組(企画盤)を買ってみた。エディーヴァンヘイレンーギターの音作り、こんなんだっけ?

スポンサーリンク ヴァンヘイレンの音作りってこうだっけ? ヴァンヘイレンのCD集が届いたのでさっそく、聴いてみた。 すぐに口について出た言葉がコレ。 ええ~っ こんなんだっけ?? 勿論これはイイ意味での気付きだった。 Van Halen The Studio Albums 1978-84 CD, Import レーベル … 続きを読む 初期の作品6枚組(企画盤)を買ってみた。エディーヴァンヘイレンーギターの音作り、こんなんだっけ?

素敵すぎて反則!ヴァネッサ・ウィリアムス Save The Best For Last

スポンサーリンク  「ヴァネッサ・ウィリアムス / アルフィー ベスト・オブ〜」を買ってみた。  というよりも以前持っていたのだが、紛失したので買い直した。 元々1996年リリース作品であり、どうせ買い直すなら2000年以降のリマスター盤がないか調べた。色々なレーベルから多種多様なベスト盤がリリースされているが、他に決 … 続きを読む 素敵すぎて反則!ヴァネッサ・ウィリアムス Save The Best For Last

BABYMETAL、海外の反応より熱い、頑固な伝統的メタルファンの反応を1つ

スポンサーリンク BABYMETAL、海外の反応も良好だけど、80年代型メタルの典型的な愛好者であり、それゆえに伝統的なメタルの型を外したようなバンドを毛嫌いしていた僕がBABYMETALに、ハマった話。 僕は「小林克也ベストヒットUSA」世代であり、同時にアイアンメイデンやメタリカのデビュー当時からメタルを聴いてる8 … 続きを読む BABYMETAL、海外の反応より熱い、頑固な伝統的メタルファンの反応を1つ

新たなオーディオ装置で奏でる記念すべきCD1枚目、MISIAのベストアルバム、「Everything」を最高の音質で聴く

スポンサーリンク MISIA ~ Super Best Records: 15th Celebration 3枚組の45曲入りベストアルバム。 発売元: (株)ソニー・ミュージックレーベルズ 【収録曲】 disc1①つつみ込むように… (15th ver.)②DEEPNESS③恋は終わらないずっと④逢いたくていま⑤SN … 続きを読む 新たなオーディオ装置で奏でる記念すべきCD1枚目、MISIAのベストアルバム、「Everything」を最高の音質で聴く

オリビア・ニュートンジョンのベストアルバム。これが決定版。

スポンサーリンク  オリビア・ニュートンジョンの名曲の数々を良い音で聴いたい。  2016年現在、購入できる比較的新しいベスト盤が各レーベルから出ている。 それらの候補の中から選んだのがこのベスト盤「40/40ベスト・セレクション」である。 40/40 ベスト・セレクション 発売日:2012年 レーベル:USMジャパン … 続きを読む オリビア・ニュートンジョンのベストアルバム。これが決定版。

REOスピードワゴンの名曲「涙のフィーリング」を一番イイ音で聴きたい

スポンサーリンク REOスピードワゴンの「涙のフィーリング」を一番イイ音で聴きたい 商品番号:EICP-7054 発売元:(株)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 発売日:2002/07/10 【収録曲】 ①I Don’t Want to Lose You②Here With Me ③ Roll With … 続きを読む REOスピードワゴンの名曲「涙のフィーリング」を一番イイ音で聴きたい

「シカゴ」ベストアルバム、音質聴き比べ(素直になりたくて 長い夜など、どうだった?)

スポンサーリンク  愛聴盤である「シカゴ」のベストアルバム「Ultimate Collection CD」   音質が素晴らしく、自慢の逸品である。  今回「シカゴ」の他のアルバムを図書館で借りることが出来たので、それらと音質の比較をしてみた。 借りたのは「ザ・ベスト・オブ・シカゴ 40周年記念エディション」 浜松市内 … 続きを読む 「シカゴ」ベストアルバム、音質聴き比べ(素直になりたくて 長い夜など、どうだった?)

古内東子 3枚目のアルバム「Hug」リマスター再発盤を聴いてみた。

スポンサーリンク   古内東子先生が1994年にリリースした3枚目の アルバム「Hug」のリマスター再発盤を視聴した。  これで90年代初期の3枚のリマスター再発盤をすべて聴いたことになる。  当時発売されたCD音源と聴き比べていないので、どのように音質が向上したのかは分らない。 ただ1997年に発売された6 … 続きを読む 古内東子 3枚目のアルバム「Hug」リマスター再発盤を聴いてみた。

竹内まりやのベストアルバムを高音質で聴く。「元気を出して」で元気出そうか。

スポンサーリンク 竹内まりやのベストアルバムを買ってみた。 2015年現在、山下達郎氏による、最新デジタル・リマスターということで こりゃ聴かにゃならんだろう。 どんな音体験が待っているのか、ワクワクしながら聴いていった。 そしたら思わぬ「どんでん返し」が待っていたのだ。 竹内まりや Expressions (通常盤) … 続きを読む 竹内まりやのベストアルバムを高音質で聴く。「元気を出して」で元気出そうか。

AORの超名曲を高音質で聴きこむ 「After The Love Has Gone」編

スポンサーリンク  楽しみにしていたCDがアマゾンから届いた。 1993年にリリースされたAOR界の名ギタリストでありプロデューサー、 ジェイグレイドンのソロアルバム 「Airplay for the Planet」のリマスタリング再発盤である。   TOTOの3代目シンガー、「パメラ」や「ストップ・ラビング … 続きを読む AORの超名曲を高音質で聴きこむ 「After The Love Has Gone」編